「男好きのする女性」とは

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC034_L
「男好きのする女性」という言葉を知っておいてもいいでしょう。男好きのする女性とは、男がいかにも好みそうな女性という意味です。
つまり、言いかえるとモテ女のことです。どうしたら、そんな女性になれるのでしょうか?
もともと男好きのする女性には、持って生まれた素質があります。男に好かれるという素質です。
こんなふうに言ってしまったら、そうでない女性の参考にはなりません。そこで、男好きのする女性になるためのトレーニングを紹介しましょう。
とてもかんたんです。いつも男性のことを考えます。セックスのことも考えます。考えるというよりは、想像すると言った方が正確かもしれません。
そうしていれば、自然に男好きのする顔になれます。顔ばかりでなく体全体からも、そうした雰囲気が漂ってくるでしょう。
もっとズバリ言ってしまうと,男を求めている顔つきと体つきということになります。男に飢えているという意味ではありません。具体的にどんな顔なのかは
説明しにくいのですが、色っぽいと言われる女性の顔がそれです。そして、言うまでもなく、色っぽい女性=モテ女なのです。
ここに書いてあることを実践してあなたもモテ女になりましょう。素敵な出会いが待っています。
われわれは、ここにも、現代の結婚が家族制度のかげにかくれて、男女平等を原則とする現代社会と異質のものとして保存されていることを知るのです。
夫婦が愛情によって結ばれているなら、法律が夫姉相互の扶助(というよりは現実において夫による妻の扶養)について規定する必要はないはずです。

出典:


女性から「したいの」と言ったってかまわない

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC033_L
女性の中には、いいわけなんていらないと言う人もいます。それはそれでいいと思います。テレ屋の女性よりずっと積極的なタイプの女性がそれです。
そういう女性は、男性と歩いていて、彼の耳元にそっと、「したいの」と言います。
そんなふうに言われたら、すべての男たちは、相手の女性のことをたまらなく愛しいと思います。
エッチな女を演出します。思いっきりいやらしい女だと、自分から主張するのです。
「そんなの、映画の中の絵空事だわ」
と思った人は、セックスに関しての経験が少ない女性です。また、自分がいかにエロチックな存在なのか知らない人です。
エッチな雰囲気を盛り上げるのに、言葉がとても重要な役割をするのをよく知っている女性はモテます。
「したいの」短いこの言葉は、男の心と体をめちやくちやに揺さぶります。頭を何かカナヅチのようなもので、叩かれたようなかんじがします。
男を翻弄する女。そして、男たちにはそんな女性に弄ばれたいという願望があります。
あなたも新しい出会いを求めてご覧ください。女性が抱いている男性観は少し違うかもしれません。
実際に男性にここで学んだことを実践し、確かめてみてください。
結婚・家族制度が、現代社会において多くの異質性をふくみながら存統しているのをみてきたわけですが、結婚のこのような社会的性格を冷静にみつめることが、何度もいうように、現代の結婚を成功にみちびくカギとなるでしょう。

出典:


お酒はとても都合のいいいいわけになる

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC032_L
女性にはセックスするためのいいわけが必要。これは昔から言われてきたことです。
つまり、男性とセックスするいいわけが必要という意味です。特にテレ屋の女性にはいいわけが欠かせません。
だったら、自分からいいわけをつくればいい。そのひとつがお酒です。
「お酒に酔っていたから」
というのは、かなり重宝するいいわけです。もちろん、ここで言うところのいいわけは、本来の意味ではなく、恋愛ゲームに必要なアイテムという意味です。
実際にはセックスしたからといって、いちいちいいわけしてる女性はいません。
でも、お酒に酔っていたからと自分に言いきかせると、なんとなく安心したり納得できたりするのです。いいわけとはそのていどのものです。
お酒に酔っていたから→終電に乗り遅れた→男性の部屋に泊まってしまった→セックスしてしまった。
といういいわけの矢印が順番に並ぶわけです。自分をそうやって納得させられればいいのです。だから、お酒を意識的に飲んで自分を酔わせるのです。
お酒に弱い女性なら、ほんの少し飲めば充分です。
今、相手がいないのであれば、ご覧ください。
素敵なパートナー候補がたくさん、あなたを待っています。

社会的にみた現代の結婚に対する具体的な対策については、第二部現代結婚の実際のところで述べています。まだ解明が十分でないひとも、実際について知ることによって現代結婚のすがたが、もっとよくわかるようになるはずです。

出典元: