玉の輿症候群

  • By asmile
  • 2014年6月11日
  • コメントは受け付けていません。

EC030_L
息子の嫁を選ぶ基準で、自分の娘を評価すれば、「失格」になる場合が多い。中流階級の男性には、女性以上に強い上昇志向があるからである。
また、企業でも、日本社会が高度成長から安定成長に入ると、内部での選別は、より一層厳しくなった。
たとえ、有名大学を卒業しても、特別すぐれた才能がなければ、容赦なくエリートコースをはずされてしまう。
団魂の世代や、それにつながる世代は、企業内のポスト争いが熾烈で、能力があっても運が良くなければ出世できない状況になっているという。
誰しも同じ条件なら、トップとつながりのある者が優位と考えるのは当然だ。ところが、中流出身の男性の場合、新しく作らなければコネは生じない。
そこに、有力なバックを持つ上流の女性との結婚志向が、出世の近道として生まれてくるのである。
また、同じ社内で、有能な社員として評価を得ている女性と結婚することも、自分の価値を高めるのに役立つことになる。
有能で出世する男性との結婚を望むなら、ファッションや海外旅行に憂き身をやつして「お嬢様」ぶるより、仕事に精進して上司に認められることの方が、案外効果的かも知れ
ないのだが、”玉の輿症候群”の母娘はそうは考え付かない。彼女たちは現実を知らないのである。
そんな方々には是非で、いろいろな人がいることを知ってほしい。そして、
素敵な出会いを見つけてほしいと思います。

相互リンク開く


家族の機能とは

  • By asmile
  • 2014年5月22日
  • コメントは受け付けていません。

MIX46018
現代社会は、家族制度を採用するにさいして、家族には扶養の義務があることも規定しました。
社会保障制度かいかにりつばであろうと、いかに理想的な福祉社会が生まれようと、私有財産制度を基本とする社会であるかぎり、家族の扶養義務を機能としてもつ家族制度の必要はなくならないでしょう。逆に家族制度下の社会での社会保障には限界があることもたしかです。
社会保障の限界とは、スエーデンの例にみられるように、いかに経済的に恵まれていても老人の自殺が世界一多いような社会は、真の福祉社会とはいえない、という意味です。
ともかく、現代社会は、家族に扶養の義務を負わせることによって、ここでも現代社会の原則からはずれた要素を保持していることがわかります。
そこには、ギプ・アンド・テーク(与えて取る)の原則を無視した、ただ家族であるというだけで扶養しなければならないという、異質の社会が形成されているのです。
現代の家族制度が、その第一の機能として、こどもを育てることが要求されている、という点について述べたとき、子のない夫姉が、その機能をもたぬまま家族制度にもとづく家族を形成することも可能であるといったのは、この扶養機能に関連するからだったのです。
つまり、育児機能と扶養機能の双方か、あるいはそのどちらかのために、現代社会は家族制度を維持しようとして、婚姻法をふくむ家族法を制定しているのだ、ということです。
子のない夫婦にかぎらず、親子をはじめ扶養義務を生ずる親族を除いたばあいの夫婦間において、相互扶助の規制があるということは、現代社会が夫婦の愛情を義務づけているものと理解するよりも、それが現代の女性の社会的地位に対する配慮である、と考えるほうが正しいでしょう。
家庭裁判所で、調停委員がつぎのようにいうのは常道のようです。
「夫は妻を養う義務があるのです」
法律のどの条項にも、そのような条文はないはずです。法律は家族相互、夫婦相互の扶養・扶助について規定していても、「夫は妻を養う義務がある」というようにはいっていないのです。
調停委員は、それが当然だというように、そのことを主張し、現代における結婚の社会的機能がひとつには女性の保護にあることを明らかにしてくれるでしょう。
あなたはここで→結婚相談所 比較 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?
序章で述べたさまざまな結婚のなかに、女性にも手段としての結婚がある、といったのは、こうした結婚ずつまり生活の手段としての結婚が扶養義務のかげにおこなわれていることをいいたかったのです。夫婦が愛情によって結ばれているなら、法律が夫姉相互の扶助(というよりは現実において夫による妻の扶養)について規定する必要はないはずです。
われわれは、ここにも、現代の結婚が家族制度のかげにかくれて、男女平等を原則とする現代社会と異質のものとして保存されていることを知るのです。
以上、結婚・家族制度が、現代社会において多くの異質性をふくみながら存統しているのをみてきたわけですが、結婚のこのような社会的性格を冷静にみつめることが、何度もいうように、現代の結婚を成功にみちびくカギとなるでしょう。
社会的にみた現代の結婚に対する具体的な対策については、第二部現代結婚の実際のところで述べています。まだ解明が十分でないひとも、実際について知ることによって現代結婚のすがたが、もっとよくわかるようになるはずです。


「男好きのする女性」とは

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC034_L
「男好きのする女性」という言葉を知っておいてもいいでしょう。男好きのする女性とは、男がいかにも好みそうな女性という意味です。
つまり、言いかえるとモテ女のことです。どうしたら、そんな女性になれるのでしょうか?
もともと男好きのする女性には、持って生まれた素質があります。男に好かれるという素質です。
こんなふうに言ってしまったら、そうでない女性の参考にはなりません。そこで、男好きのする女性になるためのトレーニングを紹介しましょう。
とてもかんたんです。いつも男性のことを考えます。セックスのことも考えます。考えるというよりは、想像すると言った方が正確かもしれません。
そうしていれば、自然に男好きのする顔になれます。顔ばかりでなく体全体からも、そうした雰囲気が漂ってくるでしょう。
もっとズバリ言ってしまうと,男を求めている顔つきと体つきということになります。男に飢えているという意味ではありません。具体的にどんな顔なのかは
説明しにくいのですが、色っぽいと言われる女性の顔がそれです。そして、言うまでもなく、色っぽい女性=モテ女なのです。
ここに書いてあることを実践してあなたもモテ女になりましょう。出逢いがない 社会人 ←ここで素敵な出会いが待っています。


女性から「したいの」と言ったってかまわない

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC033_L
女性の中には、いいわけなんていらないと言う人もいます。それはそれでいいと思います。テレ屋の女性よりずっと積極的なタイプの女性がそれです。
そういう女性は、男性と歩いていて、彼の耳元にそっと、「したいの」と言います。
そんなふうに言われたら、すべての男たちは、相手の女性のことをたまらなく愛しいと思います。
エッチな女を演出します。思いっきりいやらしい女だと、自分から主張するのです。
「そんなの、映画の中の絵空事だわ」
と思った人は、セックスに関しての経験が少ない女性です。また、自分がいかにエロチックな存在なのか知らない人です。
エッチな雰囲気を盛り上げるのに、言葉がとても重要な役割をするのをよく知っている女性はモテます。
「したいの」短いこの言葉は、男の心と体をめちやくちやに揺さぶります。頭を何かカナヅチのようなもので、叩かれたようなかんじがします。
男を翻弄する女。そして、男たちにはそんな女性に弄ばれたいという願望があります。
あなたも新しい出会いを求めて←ここをご覧ください。女性が抱いている男性観は少し違うかもしれません。
実際に男性にここで学んだことを実践し、確かめてみてください。


お酒はとても都合のいいいいわけになる

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC032_L
女性にはセックスするためのいいわけが必要。これは昔から言われてきたことです。
つまり、男性とセックスするいいわけが必要という意味です。特にテレ屋の女性にはいいわけが欠かせません。
だったら、自分からいいわけをつくればいい。そのひとつがお酒です。
「お酒に酔っていたから」
というのは、かなり重宝するいいわけです。もちろん、ここで言うところのいいわけは、本来の意味ではなく、恋愛ゲームに必要なアイテムという意味です。
実際にはセックスしたからといって、いちいちいいわけしてる女性はいません。
でも、お酒に酔っていたからと自分に言いきかせると、なんとなく安心したり納得できたりするのです。いいわけとはそのていどのものです。
お酒に酔っていたから→終電に乗り遅れた→男性の部屋に泊まってしまった→セックスしてしまった。
といういいわけの矢印が順番に並ぶわけです。自分をそうやって納得させられればいいのです。だから、お酒を意識的に飲んで自分を酔わせるのです。
お酒に弱い女性なら、ほんの少し飲めば充分です。
今、相手がいないのであれば、サクラいない 出会い系 ←ここをご覧ください。
素敵なパートナー候補がたくさん、あなたを待っています。


中流玉の輿

  • By asmile
  • 2014年3月24日
  • コメントは受け付けていません。

EC031_L
シンデレラの現実・玉の輿の乗り心地
”玉の輿症候群”女性の結婚は、たくさんの具体的、現実的な「条件」を並べて、相手に要求する「要求結婚」といえる。
「条件」が金銭的、物質的にかなり偏しているのが特徴といえるだろう。詰まるところ一生楽して暮らせる「専業主婦」が理想なのである。
貧乏な男と「手なべ下げても」駆け落ちするなどのメロドラマは、もはや見向きもされない。
女性が「専業主婦」に固執する一方で、具合のいいことにそれを求める男性が結婚相談所 選ぶポイント にはたくさんいる。
「専業主婦」の妻を要(めと) ることで、男としての優越感を大いに満足させ、妻子を養うことで、
家庭での絶対君主的地位を確保できるのではないかと想像する者が多いのである。
こうした男性は、本当の玉の輿の対象である上流ではなく、せいぜい有利な条件がいくつか揃っている程度の、中流にも見られるのである。
若い女性の理想の結婚相手は「三高」だという。高学歴、高収入、そして背が高いこと。
本当はもっと欲張って、財産のある上流の「お坊ちやま」が望ましいのだが、それは容易でない。
そこで、三高の条件さえ象たせば、まあよるしい、というわけで中流玉の輿が成り立つのである。
ほとんどの「三高」男性も、専業主婦になってくれる妻を望むから、両者の利益は一致して、めでたく一流ホテルなどで挙式し、欧米へ新婚旅行、ということになる。
すべり出しは幸せいっぱい。
新居は社宅か、親に頭金を出してもらった2DKくらいのマンション。甘ったるい色調のインテリア、新婚グッズに囲まれた中流玉の輿の乗り心地は上点である。
しかし前途はけっして平坦ではない。
専業主婦の優雅な生活を支えるには、かなりの収入が必要である。高学歴の夫は結婚の時点で、同年輩の者のなかでは高収入でも、それですべてが充分というわけではない。
最初はともかく、やがて子供が生まれ、夫の地位も上がってくると、充分か充分でないかは、彼の勤め先の状態と職種による。羽振りのいい企業なら確かに収入は高い。
しかし営業など付き合いのはでなポストにいれば、プライペートマネーを注ぎ込まざるを得ない局面が現われる。
エリートがぶつともない服装もできない。地位の高い男というのは大変金のかかるものなのである。